英会話ARTEMIS HOME  > 日本人講師レッスンレポート   

日本人講師レッスンレポート

バイリンガル日本人講師 アレックスの初心者日常英会話レッスン

初めの10分間はフリートークで、(最近あった出来事を英語で会話します。)

講師は生徒さんに「文章に繋げることが出来なければ、単語を並べるだけでも良いので、間違いを恐れずに英語を使って話してみてください。これをすることで確実に英会話の自信がつきますよ。」と言っていました。


(代表コメント私は講師の言うとおりだと思います。
アメリカで暮らし始めた頃は、どうにか相手に思いを伝えようと思っても、単語を並べただけの英語でしか話せませんでした。それを続けていくうちにボキャブラリーが増え、新しく覚えた単語や言い回しを使って相手の真似をしながら話すようになっていきました。だんだんと自分の英語に自信がつき、今度は自分から話すようになり、そして気がつけば外国人と話をしている自分に驚きました。 英語は少しずつ自分の気がつかないうちに身についていくものです。 初めは間違えることを恐れず、恥ずかしがらずに相手に自分の思いを伝えようとする気持ちが大切です。

次の5分間は、慣用句や便利な言い回しのレッスン。

英語には文化や宗教などの違いから、日本語と完璧に同じ意味をもった言葉がないものがよくあります。そのような場合に、自分の気持ちをどの様に英語に置き換えて表現できるかを学びます。
例えば、Hit it off 「すぐに仲良くなった」などです。

次の20分間は講師が用意してきたテキストを使って、読み書きのレッスン。

この日は毎日の生活を英語にするとどうなるか?という題材でした。講師は事前にテキストのコピーを用意し、それを生徒さんに渡していました。
プリントには、朝起きる、歯を磨く、ご飯を食べる、仕事に行く、洗濯をする、など日常で私たちが行うことが英語で書いてあります。講師は「家にいるときにも、自分が今何をしているか英語で独り言を言いながら、常に英語を意識して生活してほしい」と生徒さんに話していました。
毎日の生活に英語をドンドン取り込んでいくことが大切です。

(代表コメント)私も家にいるときは英語で独り言を言ったり、猫に話しかけたりします(笑)。英語で日記を書くこともとてもお勧めです。

次の20分間は会話のレッスン。

講師がCan you share your experience?と問いかけながら、海外旅行先での経験について会話をしていました。
生徒さんがどうしても英語が出てこなくなった場合にだけ日本語で講師から助け舟が出されますが、そのような場合以外は全て英語で会話をしています。

最後の5分は宿題説明と次回のレッスン日時のスケジュール調整。

今回の宿題は、これからレッスン中に使う自分の英語のニックネームを考えてくることでした。
英語のニックネームを自分につけて、まず外国人になりきることが大切と講師は話します。自分の中に英語を話せるもう一人のキャラクターが作られて、気持ちが切り替わり自然とオープンになり、恥ずかしさの殻が簡単に取り外せるからだそうです。

(代表コメント)面白いアイデアですね。 私もアメリカでは英語のニックネーム(MIA)を使っています。日本語の名前(瑞穂)はアメリカでは発音が難しく、なかなか覚えてもらえません。確かに日本語の名前の自分よりも、英語のニックネームの自分のほうが楽天家で行動的になるような気がしますね。

レッスン終了。お疲れさまでした。

(代表コメント)バイリンガル日本人講師から学ぶメリットとして私が感じている事は、同じ日本人として解らないところを理解してもらえ、日本語で説明を解るまでしてもらえるところだと思います。
英会話初心者の方には初めは日本人講師からレッスンを受講される事をお勧めしています。

この授業で講師が使っていたテキスト

・Talk Your Head Off (and writ to)
・イラストでわかる日常生活の英語表現

説明会バナー